Every dog has his day

日米でアスレティックトレーナーとして活動してきた日本人の独り言

信じることの大切さ

信じることって大事だと思います。believeとfaithの両方で。

特に人として成長する為には人から信じてもらうことが大事だと思います。だからこそ、自分の周りの大切な人を信じてあげることがその人を成長させる為に必要なんだと思います。

私の経験談ですが、人に信じてもらえた時それまでにないくらいの勢いで成長しました。人として、そしてATCとして。
この前、年末に受講したあるセミナーでお会いした講師のKさんも自分のmentorが自分を信じてリスクを取ってくれたから今の自分があると仰っていてなんかこうやって自分の経験やそれを通じて感じたことなどが他の人と繋がることが嬉しいなって素直に思いました。

そして今、自分がこの先ATCやATを目指そうと思っている大学生と普段接するようになってその"信じることの難しさ"を痛感しています。ただ言葉で信じていると言ってしまうと逆にそれをプレッシャーと感じて萎縮してしまう子達もいます。だからこそ、彼らの過程やそこまでの努力を信じて見守ってあげる。そして、彼らが学びたいとさらに努力したくなるような環境づくりを頑張らねばと思います。今関わっている子達は私が日本にいる短い間ですが、私の人生を変えてくれた今までのmentor達のように彼らの中で何か感じることがあれば嬉しいなと思っています。いやぁ、それにしても難しい。日々勉強ですね。

今就職活動中で色々と思うところはあり、自分のATCとして足りないことばかりに目がいってしまってよくない考えが浮かぶことも多々あります。でもたまには、私が早稲田大学のラグビー部で学生トレーナーをやっていた時を思い出し、自分もよくここまで成長したなと自分の背中をポンポンと叩いてあげたいなと思います。もちろん私に大きな影響をもたらしてくれた周りの人達あっての成長なのですが、それでも自分でそれぞれの点と点を繋いでここまできたことを「あんたすごいよ」と自分で声をかけてあげたいですね。

取り急ぎ、これからアスレティックトレーナーになりたい学生に伝えたいこと

月並みなことですが「基本は大事」です。これが伝えたいこと。
先日、大学1年生の学生トレーナーの子と話していて目標とする人がいたりこうなりたいとぼんやり思っていたりはするんだけどそうなる為にはどこから始めればいいのかわからないと言われました。そして、学校で習うことではないもっとオタクな手技を使っている人を見るともはや自分なんかが頑張って勉強してもそれをいずれ理解できると思えないとも。

今現在の私からしたら「何を言ってるんですか!」ってことなんです。もちろん頑張って勉強して経験積んだらわかるんです。むしろどんな人でも楽しい・気になるを追求していったらいずれ気づかないうちにまた誰かから「あの人みたいになりたいな」と思われる存在になると思うんです。人はみんな無い物ねだりですしね。

でも高校、大学時代の岡本香織からしたら「わかる〜!」と言いたくなります。若い頃は学校なんかじゃ見たことないような難解(に見えるよう)な手技で次々と選手たちの悩み・痛みを解消していく先輩に憧れて、どうやったらあの手技を使えるようになるんだろうとかとりあえず真似してみようなんてことに集中して基礎のことをすっかり放ったらかしにしていました。

基礎がないと遅かれ早かれ壁にぶち当たります。基礎がないと応用の技術が根本から理解出来ないからです。そして、その応用の技術をいつ使えばいいのかわからないからです。どんなにキラキラして見える手技にも効くのには根拠があり、正しい場面・タイミングで使わなければ意味はありません。関節の位置、靭帯のたわみや張力、筋肉の走行、神経支配等々。基礎の知識がないと点と点を繋ぐことは出来ません。基礎を学び直すのに遅すぎることは決してないのですが、学校でその基礎を習っている間に最初から勉強しておくのと後から学び直してそのあとに応用編に手を出すのとでは応用技術を取得するのに掛かる時間に差が出ますよね。

怪我した選手が来て、ここが痛いと指を指された箇所を見てその下になんの組織があるか全てを瞬間で把握できるか。そこから問診も踏まえて効率よく評価を導き出せるか。そして、どのように対処するのが最善なのか。それは全て基礎です。応用技術は道具箱の中の道具の一つにすぎません。今アスレティックトレーナーになる夢がある人達には道具の使い方が分かる人、道具をいつどんなタイミングで使えばいいのか分かる人になって欲しいと思います。

基礎を今まですっぽかしてきて、大学院で大きな壁にぶち当たりさらに社会人になっても「あの時勉強しておけば」なんてよく聞く言葉を口にしてしまっている情けない私から、取り急ぎ、今後アスレティックトレーナーになりたいと思っている学生に伝えたいことでした。

Just Ask

Sometimes you just have to ask.
(時として必要なのはただお願いしてみることだったりする)

なんか日本語訳がすごくラフな感じになりましたが(笑)、ちょうどそんな話を昨日誰かにしてました。そして今日の朝、犬の散歩をしながらポッドキャストを聞いてたらそこにゲストで呼ばれていた人も同じことを言っていたので今日はそのことを書いてみようかと思います。

このポッドキャストのゲストの場合は、Oprah Winferyという全米で、下手したら世界で有名なトークショーのホスト、さらには今風で言うinfluencerの人のショーに行った時、ショーの後警備のおじさんにOprahと話したいんだけどと声をかけました。このゲストはOprahと共通の知り合いがいたこともありその人の名前も使ってお願いしたそうですが、警備のおじさんは「Oprahはそんなこと言って出てきてくれるはずがない」と答えたそうです。ただそこで諦めずに彼女は「聞いてみないとわからないから、Oprah本人に聞くだけ聞いてくれない?」とお願いしました。そして警備のおじさんが聞いてみたところ「あら全然いいわよ」と。バックステージに呼んでもらえたそうです。

ここまでスケールのでかい話ではありませんが、実は私もsometimes you just have to askということ経験を実体験として持っています。
1つ目は最初にスタンフォードへインターンに行った時。今では2011年にスタートしてから毎年夏に日本の学部生や院生を男女数名インターンとして受けていますが、初開催の2011年では当初「大学院生対象でさらには男性の方がいい」らしいと聞かされていました。初めての試みだったこともあり、まずは英語がちゃんと喋れて知識もある大学院生とアメフトでのインターンで選手と同じ寮に泊まるので男性でということだったんだと思います。(ちなみにスタンフォードがこの条件を出したのか日本側が諸事情を考慮してこの条件を考えたのかは定かではありません) 私は当時学部生でしたし、女性です。全く条件に合ってないのですが、英語が喋れるということだけを推して(笑)当時インターン選別に関わっていた教授に連絡しました。教授も最初どうかな〜なんて言っていたのですが「聞くだけ聞いてみる」と仰ってくださりその後インターンが決定しました。
2つ目は大学院を出た後の就職活動でした。OPTというビザがあったことでとりあえずD1に行きたいと思い、インターンを取っているところも取っていないところもD1だったらとりあえずということで「インターン取ってませんか〜」とメールを送りまくりました。返事すら来ないところがほとんどでしたが、最終的にまだ公募していなかった大学から雇ってもらうことになりました。

今私は就職活動中です。その時、正直自分が条件に当てはまっていないところもあります。しかしその職場で自分が本当に活躍できる自信があるなら、私の書類を送ってしまいます。それを見てとるかとらないかは相手次第。条件だけ見て「私には無理」と諦めるのではなく、本当に興味があるなら「聞いてみる」のもありなのではないでしょうか。就職活動に限らず、ちょっとこの人の話が聞いてみたいと思う人がいたり、この団体・会社を見に行ってみたいと思うところがあったりするかもしれません。そんな時、お願いしても無理でしょと聞く前から諦めずに「聞いてみる」ということが第一歩になるんじゃないでしょうか。

もちろん、「聞いてみる」以上それに対する責任は果たすべきだと思います。雇われたなら多少背伸びしてでも自分のComfort zoneから出ても自分の精一杯を真摯に実行するべきですし、誰かに会う/会社を見学するのであればその会社のことやその人のことをしっかり調べてそれでも見えてこなかったものやネットでは見つけられないことなどを聞くなど相手が使ってくれた時間を無駄にしないなんてことも必要だと思います。


今自分が人生の岐路に立っているので、これを読んで誰かの頭の上にライトがつくような刺激になれていたら嬉しいです。

前に進む

いざ何かを書こうと思ったら結局何から書いたかいいかわからないもんです。
とりあえず、路線変更して自分の記録用にしようと思ったので先日犬の散歩中に感じたことを少し。
………何を今更と思う人もいるかもしれませんが、これはあくまで記録なので暖かく見守ってください。

正直、今年の半ばにアスレティックトレーニングから少しお休みをとっている時に自分がこのままアスレティックトレーニングを続けるべきか新しいことをするべきか悩んでました。
高いレベルの現場でATを続けるというのは大変です。コーチングスタッフや一緒に働いている人たちに恵まれれば多少楽ですが、基本的に(大学なんかは特に)プレッシャーが多かったり休みや稼ぎが少なかったりとストレスがたまる職業だと思います。

そんな中、元々興味のあった自転車屋さんをやろうかなって思ったり、パーソナルトレーナーになって一般のお客さんと働こうかなって思ったり、カフェでも開こうかなって思ったり、捨て犬の保護団体で働こうかな(というか立ち上げようかな)って思ったりと考えがふらふらしてました。でもどれもアスレティックトレーニングを勉強し始めた時や初めてアメリカの大学のATを見た時ほどなんか心の底から湧いてくるものがなくて。(捨て犬の保護に関してはとても強い意見があって、いつかそこには関わっていきたいと思うのですがタイミングは今じゃないかなと思っています)

人に話す時にはキャリアなんて気持ちがあればいつでも変えられるって言ってますが、キャリアを変えるなら今のタイミングしかないんじゃないかなぁと無意識に感じて焦っていました。「変えるなら自分が本当にワクワクすることをしたい!」「自分は何をしたいんだろう?」「5年後、10年後に自分はどうなっていたいんだろう?」って日々悶々としてたまに一人で勝手にパニクってました。さらに日本でこのまま働くのかもう一度海外に出て行くのかということでも色々と悩んでいましたし今も日によって自分の中で意見が揺れ動きます。

そして先日、小学校の南門の正面の道を門に向かって歩いていた時「立ち止まって今の知識の中で新しいことを探しても見つかるはずない。自分が動いて自分の周りに動きを出さなきゃ何も始まらないし見つからない。」という考えがふと降臨しました(本当にいきなり笑) イメージとしては真っ白な空間に色々な人やもの、機会が浮いてて自分がその中を歩いていくことで周りにいる人やものが水の流れのように自分の横を通り過ぎていく感じです。自分から動き出さなきゃ始まらないって言葉をたくさん聞きますが私は動くための"目標"が欲しかったんです。何かゴールを決めてそれに向かって動いていくのは上手いのですが、ゴールがわからなくなった途端動くことをやめていました。以前にこの路頭に迷っていることを元ルームメイトに相談した時に前に進み続けたら何か見つかるよ的なことを言われたんですが、その時は彼女がくれたメッセージ自体が嬉しかったのが半分と「前に進むべきなのはわかるけどどっちが前かわからない」と思ったのが半分という感じでした。今はこのpiffanyがあってからこのメッセージを読み返して、送ってくれた全ての言葉がしっくりときてさらに心が暖かくなりました。

今、早稲田のクリニックで外部TAとして働かせてもらっていてこれからもしばらくはATとして働いていこうかなと現時点では思っています。とりあえず何か別の機会にすれ違うまではAT界で自分が楽しいと思うことを続け、同時に色んなことにオープンに接して別の機会を探ります。

*下のメッセージが友人から送られてきたメッセージです。 いい友人を持ったものです。
-------
Try to keep your head high and moving forward. Making big life change is hard and admirable. Most people are afraid of change and stay with the status quo feeling miserable or feeling worthless their whole life. You are different and refuse to settle for anything less than purposeful and that is a freedom that most people can't seem to grasp. Be patient, and keep working towards finding a new path-- even if it's a short one. There is no correct way or direction to go in life, and you always have lots of options! Your happy might not be someone else's but that doesn't matter. It's what makes us all unique! Let's talk soon

路線変更

気づいたら2017年も終わろうとしていました。何も起こっていないといえばそうなんだけど、でも色々と起こっている気もする1年です。ただ相変わらず色々と思うことが多い中過ごしています。

ここ数年の間に友達がいないのでYouTubeを見ることが趣味の一つになりました。見ている動画の種類は多岐に渡るのですが、その中にvlogと呼ばれるビデオ日記のようなものをしている人がたくさんいます。基本的にはアメリカやカナダ、イギリスなどの動画しか見ないので、カリフォルニアを拠点としているYouTuberなどのvlogを見て「あ〜懐かしいな〜」と思ったりします。最近思うのはYouTuberみたいに自分の人生を多くの人の前に晒したくはないけど、あんな風に記録として残せるのはいいなぁと思います。人生は経験や周りの人達の助言によって考え方や生き方が常に変わっていくものですが少し時間が経つと意外と前の考え方を忘れてたりするんです。だから今までの自分の考え方や思っていることをちゃんと書き留めておけば面白かったかもなぁと今になって思います。なのでこれからはその記事を公開するしないを別にしてもう少しこのブログを続けてみようかなと思っています。

もう夜も遅いので(これを書いてるのはもう12時過ぎ)、また次回ゆっくり時間かけて得意の「まとまらない話」を書きたいと思います。

ちなみに今年の6月でスタンフォード大学との契約は終わり、3ヶ月弱ミシガンでゆっくりした後日本に帰国しました。とりあえず"完全帰国"という形なのですが、日本よりもアメリカに住みたいという気持ちが今は強いので来年を目処にもう一度渡米を試みようと画策中です。

最近は自分の迷っていた心をそっと押してくれるような出会いもあったのでそれについてもまた今度。

もうアスレティックトレーニング関係のブログではなくなっていますが、このブログは私自身のための備忘録/これからなんとなく周りの人に伝えたいことの伝言板として路線変更をしていこうと思っています。

では。