Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

あら

もう少し頻度を高く〜とか言ってましたけど、なかなか日本滞在中の予定ぎっしり埋まってしまって、そしていつも通り怠惰になっていたので私はもうアメリカに戻ってきています。苦笑

日本滞在中はとてもたくさんの出会いがあったし、友達とも昔話で盛り上がったりしてとても良い時間を過ごせました。会いたかった人たち全員には会えなかったけど、いつかまた帰った時に会えたらいいなと思っています。
思い出話はまた今度気が向いた時に書きます。

SDSUは8月から始まるのに、なぜこんなに早くアメリカに戻ってきたかというと今アメリカのとある大学でインターンをさせてもらっているからです。
私は一応アメフトチームに配属されるという形でこのインターンのポジションをもらったのですが、肝心のアメフトチームが6月23日からしかサマートレーニングを始めないということと、それまでの間には特にやることもないということだったので今は女子サッカーを見ているATCに頼んでshadowingをさせてもらっています。
いくらサマートレーニングまで特に練習がないと言っても何かしらあるでしょうと思っていたら、アメリカのオフシーズンは本当にオフシーズンだったというか、想像以上に何もありません笑
日本の部活動はオフシーズンに練習しすぎなんじゃないかと思うぐらい、ATCもちゃんと休みを取っています。(これはいいことだと思います)

最近は一日に4人くらい来る女子サッカー選手達の評価やリハビリを見せてもらって、残りの空いた時間は宿題とかサマークラスに使っています。
日本人の友達は信じてくれませんが、私は友達を作るのが苦手で新しい環境に慣れるのにも時間がかかります。特にもう出来上がっている環境(みんながめっちゃ仲良い環境)に一人でポンと入るとさささっとどっかに隠れたくなります。
ある意味で、なんとなくサウスダコタに初めて行った頃のデジャブを見ているような気がします。実際半年ぐらい友達が出来なかったし笑
それでもここで毎日行われていることはextraordinaryだと改めて感じました。
この環境にいれることは後々絶対自分の糧になるし、この状況を乗り越えられないと今後アメリカで仕事をするのは難しい気がするので、顔を上げて頑張ります!


そういえば、今働かせてもらっている大学のヘッドATCから私が卒業後何するのかを聞かれたのでアメリカに残って仕事を探す予定だと伝えたら、卒業する頃にポジションを作れたら是非そのポジションにアプライしなよ!と言ってもらいました。とても光栄なことだし、そのチャンスがあればトライしたいです。給料安いけど。
でも同時に、そのヘッドは私がどれほどの技術を持っているかなどはあまり見ていません。(特に技術なんて呼べるもんはないです)インターンをスタートしてまだ4日しか経っていないし、なんで誘ってもらえたのかもよくわかってません(苦笑) 今はただの社交辞令だと受け取って(それでも嬉しい事ですが)、ここで学べることを最大限に吸収したいと思っています。
今のこの時間を上手く使えば、私がサウスダコタに帰る時には誘ってもらったことに自信を持てるような気がします。


今週末は土日とも休みです。明日はちょっとした買い物に行ってきます。平日はsilenceとの戦いになりますが、これから土日は何かしらの用事が入っているので最後の休日をゆっくり過ごしたいと思います。






Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/101-cc904589