Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

let the last semester begin!!

ついに今日最後の学期が始まりました。
今学期はだいぶ楽なスケジュールになっていて、月曜日に午後1時〜7時まで、木曜日に午後1時〜5時までしか授業がありません。プレゼンやらペーパーやら諸々はもちろんあるんだけど、(恐らく)どの科目にもmid-termもなければfinalもないという学生にとってはユメのような学期となっております笑

コースの名前としては

Seminar
Athletic Training Technique 4
Technique Exercise Physiology

の3つです。
Seminarは詰まる所BOC対策の授業で、AT Tech4はまだ習ってないmaterial(managementとかorganizationとか)をプロジェクトを中心に進めていく感じで、ex.phys.は木曜日にならないと実際にどんな感じで進むのかとかはわかりません。

授業の内容に関しては学期が進んでいく中でおいおい触れたいと思います。

スケジュールがこれだけ空いてると、他の時間は何してるの?ってことなんですが、他の時間は実習と勉強してます。
実習のスケジュールは↓こんな感じ。

月 8-12
火 2-6
水 8-12、2-6
木 8-12
金 8-12、2-6

本当は週に20時間程度までしか実習しちゃいけないんだけど、ま、報告する時間が20時間になってればいいので。
なんだかんだでまだ結構時間があるので、空いた時間に(というか時間を作ってでも)BOCの勉強と大学院を卒業する為のテストの勉強します。

大学院卒業のプロセスについてはまた後ほど覚えていたら書きます。

全くの余談ですが、アメリカの大学ではFull-timeの学生としてのステータスを維持するには1つの学期で学部生は12単位、院生は9単位取る必要があります。ただ、最後のセメスターだったり、何か特別な理由がある場合にはこの決められた単位数よりも少なく取っても構いません。
んで、決められた単位数よりも少なくする場合には学校にちゃんと申請しないといけないんですね。それは覚えていたのですが、今日ふと「あれ?インターナショナルオフィスに別に出す書類あったりして。。。」と嫌な予感がしたので授業後にインターナショナルオフィスに行ったら、その申請用紙の提出締め切りが今日だと言うもんだから慌てて教授のとこに行ってパパッとサインしてもらって事務所が閉まる結構ギリギリに出せました!
インターナショナルの事務所の人は「別に数日遅れても構わない」というかなりゆるーいスタンスだったのですが、とりあえず今日出せて良かった。
プログラムから学校に出す書類はまた別にあって、その期限はまだまだ先だったので今日気付いて良かった。。。

というわけで、今プログラム1年生の留学生やこれからプログラムを目指す人は卒業が近くなった時にこのことを忘れないように気をつけてください笑



明日は何も授業がないし、朝も空いてるので久々に運動してきますー

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/128-7da0e96d