Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

再開しますよ

さて、ブログを書かなくなって1周年記念日が着々と近づいて来ていたので、記念日を迎えるまで待つか、このまま書くことをやめるか日々悩んでおりました。

私は元々頭の中で考えを整理することが苦手で、物事を順序立てて考えて答えを出そうとするといつの間にか360度の方向に様々な考えが飛び交って、最終的に始めたところに戻ってくるということが日々起きています。(頭の中で)

自分のことをこうして文章にすることをしなくなってそれが余計に多くなったのか、それとも単純に目の前に突きつけられた現実が私には大きすぎたのかはわかりませんが、頭の中がごちゃごちゃしているまま、あの最後のエントリーから10ヶ月以上が経ってしまいました。

本当はアメリカで働く日本人のATCとしてこちらでの生活や仕事の情報をどんどんシェアして、これからアメリカに渡ってATCとして働きたいという人たちの役に立ちたかったのですが、スタンフォード大学という場所のイメージを崩さずに話をする能力が私にはなかったことと同時に嘘をつきたくなかったこと、自分の弱さを出したくなかったので、更新をしないという選択をしました。

今なら嘘をつかずに私の生活/仕事について話が出来ると思えたので、これからぼちぼちと更新していこうと思います。

とは言っても、今までのことを話すのはこれから先、公平に振り返ることが出来るようになってからにしようと思います。

今現在の私はフットボールチームでは働いていません。今はflowterとして、助けが必要な人達を助け、カバーが必要なところをカバーしながら、日々学びの時間を過ごしています。

詳しいことをここに書いていないので、話が見えない部分はあると思いますが、私はこうしてフットボールを離れた後もチャンスを与えてくれたボスのScott Andersonにとても感謝しています。

このチャンスがなければ私はきっとアスレティックトレーナーを嫌いになって辞めていたと思います。

これからは月に1回は更新という2014年に達成した目標を10ヶ月の休みを経てもう一度目指したいと思います。(あわよくば月2回!)
今月はNCAAの男子サッカーのホストアスレティックトレーナーとして働くことになっているので、そのプロセスややらなくてはならないことなどを次のブログでまとめようと思います。

今回だけ、最後に私が好きな言葉を。

"Everything happens for a reason."

Whoever out there struggling, if you need to stop, it is totally ok to stop and take a deep breath. Just remember that everything will make perfect sense one day.

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/151-b06013d2