Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

Who do you want to be

最近、スタンフォードの女子バレーボールを全国優勝に導いたヘッドコーチが引退しました。それに伴い、内部では新しいヘッドコーチ探しが進んでいます。実際、今現在どの段階なのかなど詳しいことは知りませんがヘッドコーチ不在の間associate ヘッドコーチ、アシスタントコーチ、ボランティアコーチなどまだ残っているスタッフでこの春のビーチバレーも含めたスケジュールや選手の状態などの話し合いをしています。
アメリカでは、ヘッドコーチが変われば他のコーチングスタッフも変わってしまうのが普通です。No2だったアソシエイトヘッドコーチは先日引退したヘッドが入る前からスタンフォードにいて、彼がヘッドとして雇われた際にアソシエイトとして改めて雇用されたことで今までスタンフォードにいました。ヘッドも含め、私はこのコーチングスタッフが好きだったので変わってしまうことになったら悲しいですが、しばらくは状況を見守りたいと思います。

うちのアシスタントコーチはスタンフォード大学出身で、女子バレーボールの元アメリカ代表選手です。名前はCassidy Lichtman。Cassはとても気さくで海外でプロとしてプレーしていた経験があり、アメリカと外国の文化の違いなどについて色々と教えてくれました。彼女はとても頭が良くて、伊達にスタンフォード大学を出てないなって毎回話をする度に感心させられました。
彼女の得意なことの一つに文章化があります。彼女もブログをやっていて、一つ一つの記事から彼女の真っ直ぐさや誠実さ、性格の良さなどが伝わってくるのと同時に、その文章力に読んでいてとても引き込まれます。

彼女のブログの一つに"Who do you want to be"という記事がありました。
詳しくは彼女のブログを直接読んでもらいたいです。http://cassidylichtman.blogspot.com/2016_10_01_archive.html
英語ですが、割と簡単な英語で書かれているので読みやすいと思います。
この記事自体はいじめをしない、さらにはいじめを見て見ぬ振りをしない、あるがままの自分でいましょうということが主要な題ですが、最初の部分がとても印象に残りました。

もし誰かが”あなたはどんな人間になりたいですか?”と聞いたとしましょう。あなたは何と答えるでしょうか。
そして、その答えはあなたの今の言動と一致していますか?
私は恥ずかしながら一致していませんでした。まだまだ辛抱が足りなかったり気遣いが足りなかったり。もしくは自分のことしか考えてなかったり。自分がなりたい自分になるというのは簡単なようでとても難しいことです。
有言実行、、、というのとはまたちょっと違う気がしますが、これからは何か困難にぶつかった時、思うようにいかずイライラしている時などに特に自分の言動に気を使おうと思います。

スタンフォードで働き始めてすぐに周りから教えられたことは"emotional intelligence"でした。自分の感情に自分の行動を左右されないようにするということは私がここに来た時からずっと直そうとしているところです。だいぶ良くなってきましたがまだまだ先は長いです。

全くまとまりのない文章ですが、(Cassには見せられない。彼女は日本語読めないけど笑)なんとなく先日思ったことを言葉にしておきたくて書きました。

今日は新しいiPhoneを支給されたし、全国優勝した記念の指輪も貰えることがわかったのでとてもいい日でした。一日中雨だったけど。
さて、少し仕事して寝ます。では。

Your job is not to judge. Your job is not to figure out if someone deserves something. Your job is to lift the fallen, to restore the broken, and to heal the hurting.

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/164-6f2610c9