Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

尊敬する人

更新が少し滞ってました。

決して誕生日で浮かれていた訳ではありません。笑

実は7月6日から3日間、「日本キネシオテーピング協会」の発表会のお手伝いをしていて、月曜日も母校でゲストスピーカーを迎えての講義・講習のお手伝いをしていたので更新でき(たけどし)なかったんです。。

この4日間の出来事には全て私の尊敬する人が関わっています。
昨年、スタンフォード大学で出会った山田知生先生(通称:ともさん)です。

スタンフォード大学のフルタイムアスレティックトレーナーにはキネシオテーピングを使う方が多く、ともさんもその一人です。日本キネシオテーピング協会の会長とともさんが知り合いで、今回協会の臨床研究発表会という場でともさんがプレゼンをすると聞いたので友人と3人でお手伝いにいった次第です。

この発表会では、協会の人間ではない私が司会をするという珍事件も起きましたが、新しい出会いもあり、意外なつながりもあり、大きな学びもありで(ちょっと疲れましたが)楽しかったです。

そして月曜日は早稲田で午前と午後に1個ずつ講義/講習をして頂くという強行スケジュールでした。
午前中の講義が問題なく終わり、お昼を食べた後、所沢キャンパスの医科学クリニックというところを案内しました。
案内と言っても私はそこで働いたことはないのでお見せするだけでしたが(^^;;
午後の講習が17時からだったのでクリニック見学の後は、ともさんと昨年スタンフォードに行った2人、今年スタンフォードに行く2人のうち1人、の4人で雑談してました。
その中で、今後の進路にも大きく影響してくるお話を聞けたのもあって本当に有意義な時間でした。

午後の講習のアスレティックトレーナー的な所は許可を取ってないのでここでは省きますが、この講習の冒頭にともさんが「外国にすむということ」ということでお話をしてくださいました。
海外に出て行くことにためらいを感じる人やそんなことを考えたこともない人にとって、とてもいいお話だったんじゃないかと思います。自分も気を引き締めると同時に来月から始まる海外生活が楽しみになりました。
それに、学生トレーナーの後輩の一人がアメリカ大学院への留学を考えてると聞いてちょっと嬉しくなりました。

この4日間に、ともさんから学んだことは技術的にもとても多いですが、それよりも一緒に過ごさせてもらって何気なく言う言葉や考え方から学ぶことが多かったです。まだ出会って1年も経ってないですが、ともさんは私が心から尊敬する人の一人です。いつか、同じ舞台で一緒に働く日が来るといいな♪

また、8月2日に渡米して最初の2日間はスタンフォードに遊びに行くのでともさんともScottともたくさん話してきたいと思います!(なんかこれだけ短いスパンで会ってると金魚のフンみたいだな...笑)







Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/22-d9d5ae57