Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

留学準備

今回は留学準備の現状について。

今、主にやっている/やろうとしていることは
・最初にかかる費用の確認
・お金の持ち出し方の確認
・寮で必要なものの確認(駐車場申請など)
・銀行口座解約
・クレジットカードについて
・お土産探し
・諸々の確認
です。

結構お金がらみが多いけど、こればっかりは仕方ないですね。

終わったことは
・航空券の手配
・ビザの手続き
・日本の携帯/イーモバイルの解約準備
・サウスダコタの寮に入るまでの移動手段の確認/確保
です。(あんまり終わってることないな笑)

今回は終わったことをメインに書きます。進行中のものはまだ調べてる段階のものもあるので、完了するか一区切りついたら書こうと思います。その方が整理された情報が書けるので。

航空券は前にも書いたかもしれないけど、本当に早めに動いた方がいいです。私は普段デルタを使っているのですが、出発の1ヶ月半前に買おうとしたら出発3ヶ月前に調べた時より13万も上がってました。仕方ないので、今回は大韓航空を利用することになりました。I-20が来たらすぐにVISA申請して、VISAがおりたらすぐに航空券を取ることを薦めます。私の場合は出発が8月頭で旅行客が多い時期だからかもしれませんが...
ちなみに、VISAはI-20で保障されている学校期間の初日の30日前から有効です。つまり、それより早く米国に入ってそのまま学業をスタートすることは出来ません。(特別な手続きを踏めば可能)

私の場合ですが、サウスダコタ(SD)への片道切符をデルタで探すと3ヶ月前の時点で30万円以上しました。本数が少ないせいだと思います。そこで、今回は国際線と米国の国内線を組み合わせることにしました。
航空券の値段は東海岸or中央部>西海岸、マイナーな都市>メジャーな都市です。(勝手なイメージですが)
だから、私はカリフォルニア(西海岸)のサンフランシスコ(メジャー都市)へ片道切符を買い、サンフランシスコからデトロイトまでサウスウェスト航空(国内線)を使う予定です。サンフランシスコで行きたい場所があったのと、デトロイトがあるミシガン州で元ホストファミリーとゆっくりする予定なのでこれらの都市を選びましたが、直接SDへ行くよりも断然安いです。ちなみにミシガン州からSDまでは車で移動します。
必ずしも目的地まで一括で買う必要がないことを覚えていたら、普通の旅行の時にも役に立つと思います。

VISAの手続きは書くと長いので別のエントリで詳しく書きます。

私の場合、渡米してからサウスダコタの寮に入るまで2つの州を訪ねる予定なので、現地での交通手段や日程を確認して、関係者各位へ予定の連絡やお迎えお願いメールなどをしました。ま、当たり前ですよね笑
具体的には、最初の滞在先であるスタンフォードの人に滞在中開催されてるオリエンテーションの日程表をもらい、大体の到着時間を伝えました。
移動に関してはサンフランシスコ空港(SFO)からパロアルトという町までは電車で行きます。駅からホテルまでは歩きで行ける距離であることをGoogleマップで確認しました。そして、大学施設まではホテルでタクシーを呼んでもらって向かうことにしました。スタンフォード滞在中は基本的に移動は徒歩の予定です。
アメリカに着いた時点ではインターネットをどこでも使える訳ではないので、調べたマップなどは印刷して行くことを薦めます。豆知識ですが、アメリカにはFree wi-fiが多い中、SFOのwi-fiは有料です。。。
デトロイト空港到着後は、ホストマザーに空港までお迎えをお願いしました。

日本の携帯に関しては、残しておく人もいるみたいだけど私は解約することにしました。深い理由はありませんが、必要だと思わなかったので。携帯にしても、イーモバイルにしても、何かしら契約してるものは早めに解約のプロセスについて問い合わせた方がいいです。動き出しが遅いと余計なお金を払うことになってしまったり、あるいは自分が日本にいる間に解約出来ないかもしれません。ちなみにイーモバイルは書類を取り寄せて、送り返して・・・などのプロセスがあって、即日に済ますことができないので注意が必要です。



もうとっくに日付が変わってますが、あと十数時間後に、同期や先輩、後輩のアスレティックトレーナーと飲み会があります。結構キャラが濃い人多いですが、このつながりが私は好きです。
それぞれ、自分のフィールドで頑張りつつ困った時には助け合えるし、元気がない時には励まし合える。そうゆう関係でいられる仲間がいるこの環境は本当に幸せだと思います。
もう次にこの会に参加出来る日は来年以降なので、思いっきり楽しんできます!!!




Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/24-f6ca8f5e