Every dog has his day

日本人ATCのアメリカ生活の記録。人生楽しまなきゃ損。です。

初ホームゲーム

このブログを訪問してくださった方々の数が189になってました。
ありがとうございます。
これからも気が向いた時に「ふーん」って程度で見てもらえたら嬉しいです。

さて、今日はSDSUフットボール初ホームゲームでした。
フットボールの実習は先週の日曜日から始まっていて、私達1st yearにとっては初の試合が今シーズン初ホームゲームということになります。相手はUC Davis。
チームは今の所2戦して1勝1敗。
結果はSDSUの勝利!スコアは12対8だったかな?第4Qまで6対8で負けてて、4Qの残り10分ぐらいで逆転しました。

私はフットボールのことよくわからないですし、サイドラインからだと試合が超見にくいので内容の善し悪しはわかりませんが、周りの話を聞いてると今日の試合内容は全然ダメだったそうです。SDSU自体、元々強くないみたいです。笑

今日の流れをざっと書いておくと、
フィールドセットアップ(相手チームのロッカーのセットアップも)
試合前の選手や怪我人のトリートメント
chilin
試合前のアップのウォーターボーイ
試合
片付け
て感じです。10時始まり、18時終わりでした。キックオフは14時でした。
暗黙の了解なのか、ちゃんとしたルールなのかはわかりませんが、ATプログラム1年目の生徒は試合日にはテープを巻いてはいけないらしいです。まぁ練習の時にはもちろん巻けますし、別にどうしても巻きたい訳ではないので大したことではないですが。

SDSUでは、相手チームの為に、ロッカーに水タンク3つを用意し、ベンチには水タンク4つ、紙コップ、コップホルダー、タオル、ウォームアップ用のバイク(エアダイン)、飲み水用の氷と怪我用の氷を用意します。
用意するものの差こそあれ、恐らくどの学校も相手チームの為に色々と準備していると思います。
そして、ホストと言ってSDSUのAthletic Training Studentが何名か相手チームのサポートをします。
ホストになったら試合開始前に相手チームへ言って挨拶をして、あとは頼まれた仕事を試合終了まで相手ベンチでお手伝いするのですが、なんと今日の試合では私ともう一人の学生がホストすることになりました。

試合前、GAから注意点として言われたことがあります。
「ビジターのスポーツメディスンチームを家族のように扱うように」
どんなに大きなライバルであろうとも、スポーツメディスンチームには関係ありません。だから、相手が何か頼んできたら最大限それに応えるようにと言われました。私はまだアメリカ暦が短いので実際に体験したことはありませんが、実際対応が悪いチームというのは結構あるそうです。こうゆう風に指導が出来る人って良いですよね。
普段、SDSUのチーム内で思う所は多々ありますが、今日少し見直しました。笑


さて、ホストとして挨拶しに行って頼まれたことは基本的に水のrefillや水配りだったのでとても簡単でした。
UC DavisのFTBヘッドトレーナーやドクター、学生トレーナーは凄く良い人達で怪我が起きたら評価してるのとか見てていいからね〜とも言ってくれました。実際に、試合中1人の選手が怪我をして戦線離脱した時にも怪我の説明までしてくれました。
総じて楽しい一日だったと思います。



普段の練習に関しては、今度気が向いたら書くことにします。
とりあえず10月20日まではフットボールの現場で頑張ります!!!









Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://kay725.blog.fc2.com/tb.php/38-74ea0020